クラブ活動

クラブ活動

体操は、一般クラスと選抜クラスがあります。選抜クラスはマット・鉄棒・跳び箱のレベルが一定基準に達した お子様が対象です。

  

未就園児も 『壁さかだち』 が得意です。 

壁さかだちは、手で体を支える力をつけ、バランスを養うプログラムの1つです。この時期から良い刺激を与えることで、運動神経がよくなりますよ。運動神経はほとんど遺伝しません!生まれてからの刺激が重要です。
 未就園児から体操を続けていらっしゃるお子様ほど、指導者の指示を体で表現することが上手です。


準備体操

準備体操や柔軟を念入りに行います。最近のお子さんは硬い!柔らかいほど怪我をしにくいので、小さい内からしっかりほぐしましょう。
 体を柔らかくするには、柔軟を毎日するほかありません。お風呂上りに左右開脚 長座前屈 前後開脚・・・など、行ってみてください。どんなスポーツをするにも柔軟は必要です。硬いとあきらめないで!誰もが必ず柔らかくなります。


倒立・・・基本です!

壁逆立ちを含めると、未就園児からレッスンに取り入れる倒立。倒立はバランスを保つだけでなく、腕の力をつけ、体を締めることを覚えます。上体が反ったり、お尻が出たり、頭が出すぎたり・・・ではなく、まっすぐ1本の木になるようグッとお尻にも力を入れてみましょう。倒立静止が出来ればいろんな技が綺麗にできるようになりますよ。
 トライザルクラブのレッスンでは倒立をたくさん練習します。


選抜クラス

進度表の一定ラインをクリアした生徒で希望者は選抜クラスへお進みいただけます。ゆかではバック転や宙返り、跳び箱では転回とび、鉄棒はともえ・け上がりも練習します。今までで1番小さいお子様が選抜クラスへあがられたのは年中さんです。
 現選抜クラスは、「美しく」をモットーに練習中です。手足の指先までを意識した演技ができるよう頑張っていきましょう。


  


各種お問い合わせはこちら トライザルクラブ:080-5296-7039 指導者:052-773-5277

↑ページの先頭へ